現在の位置 : ホーム > トラブル事例 > 事例7. 息子の嫁が、息子が亡くなった後も、息子の親の世話をしている

トラブル事例

事例7. 息子の嫁が、息子が亡くなった後も、息子の親の世話をしている

息子の嫁には、夫の両親の遺産の相続権はありません。夫に先立たれ、子供もいなければ、夫の両親に尽くしても、その遺産はすべて夫の兄弟姉妹のものになってしまいます。
「世話になった嫁にもいくらか遺産を残したい」
というお考えの方は、そのための準備を考えておきましょう。

生きているうちに財産を贈与しておくという方法もありますが、贈与税を考慮しなければなりません。

では、贈与によらずに、息子の嫁に遺産として残す方法としては、
①遺言で財産を遺贈する
②嫁と養子縁組をする
という方法が考えられます。

①の「遺贈」により、法定相続人ではない人(この場合は嫁)に、遺言によって財産を残すことができます。遺贈を受ける人を「受遺者」といい、法律上、相続人と同様に扱われます。但し、遺贈する財産が相続人(この場合は兄弟姉妹)の遺留分を侵害すると、受遺者である嫁は遺留分減殺請求を受けることになりますので、相続人の遺留分を考慮したうえで遺言を作ることが望ましいです。

②の場合、養子縁組して法律上の親子になれば、息子の嫁にも、夫の兄弟姉妹同様に相続権が発生します。縁組の手続き自体は難しいことではありませんが、一度養子縁組をすると、解消するには離縁することが必要です。

京都・滋賀・大阪の相続・遺言のご相談はこちら

お電話でのご相談 075-393-1550

メールでのご相談

生前の手続き 遺言書作成・贈与 どんな場合に残したらいいの?

亡くなられた後の相続人の手続き 相続の基礎知識をご紹介!

トラブルになりがちな事例