現在の位置 : ホーム > 不動産の名義書換え(相続登記

不動産の名義書換え(相続登記)について

亡くなった方の財産に不動産が存在する場合、相続登記をしておくことをおすすめします。相続登記をしておかないと、

  • 不動産を売却することができません。
  • 抵当権などの担保権を設定して借入れをすることができません。
  • 長期間亡くなった方の名義で放置しておくと、相続人が次第に増えて、手続が困難になります。

ですから、相続登記は早めにすましておくことをおすすめします。

一般的な相続登記の手続の流れ

1.手続の相談

2.相続財産の調査・把握

3.必要書類の収集

4.書類作成

5.書類に署名押印

6.登記申請

7.ご返却

以上がもっとも一般的な流れです。
相続登記完了までの日数の目安は、通常1ヶ月前後となります。

事案により、早ければ約10日、長引けば1年以上となることもあります。

ご準備いただく資料、情報

  • 亡くなった方の出生から死亡までの「戸籍謄本」
  • 亡くなった方の「住民票の除票」又は「戸籍の附票」
  • 相続人全員の「戸籍謄本」、「住民票」又は「戸籍の附票」、「印鑑証明書」
  • 不動産の評価証明書

等、その他、事案により異なります。
必要書類は、ご依頼があれば、当事務所でも集めることができます。

司法書士に依頼していただくメリット

相続関係の問題は、

  • 民法で定められた相続分で相続をするのか
  • 相続人の間で話し合いをして相続人をきめるのか
  • 相続人の中に未成年者がいる場合
  • 相続人の中に行方不明者がいる場合
  • 戸籍等を集めたいが本籍が遠方で手間がかかる
  • 古い戸籍の交付を受けるのが難しい

等、アドバイスが求められる場合が少なくありません。こうした特殊な事例の相続登記こそ、司法書士の専門性が発揮されます。

京都・滋賀・大阪の相続・遺言のご相談はこちら

お電話でのご相談 075-393-1550

メールでのご相談

生前の手続き 遺言書作成・贈与 どんな場合に残したらいいの?

亡くなられた後の相続人の手続き 相続の基礎知識をご紹介!

トラブルになりがちな事例