現在の位置 : ホーム > 被相続人に借金があった場合

被相続人に借金があった場合

死亡した人に借金などの債務があった場合は、相続人は債務については法定相続分に従って分割された額を負担することになります。

具体例)

  • 妻と子供3人を残して夫が死亡した場合
  • 被相続人に1500万円の借金
  • 家は被相続人の名義

この場合の相続人の債務の負担は、相続人の妻が750万円子供は各人250万円ずつの負担となります。

遺産分割協議、限定承認など主な対応

相続債務の負担について、法定相続分と異なる割合での遺産分割協議をしても相続人間の間では有効ですが、銀行などの債権者に対しては主張することはできません。一方、債権者の同意を得れば、法定相続分と異なる割合での遺産分割協議をすることは可能です。

例の場合で、相続人の妻が高齢で年金以外の収入がなく返済していく能力がなく、返済能力のある長男が家を相続するとともに、被相続人の債務をすべて引き継ぐ内容での遺産分割をしたいと考えている場合、債権者と合意できればこのような遺産分割は可能です。

また、いったん相続債務を相続人が引き継いだあとに、他の相続人の債務を引き受けることもあります。例の場合では、いったん相続人の妻が750万円、子供が各人250万円ずつ引き継いだ後に、長男が相続人の妻の債務を引き受けるようなこともあります。

被相続人が残した借金が返済できないほど莫大な場合は相続放棄を、借金があるのかどうか不明であったり、借金と財産のいずれが多いか不明な場合は限定承認などの手続を検討することも必要でしょう。

京都・滋賀・大阪の相続・遺言のご相談はこちら

お電話でのご相談 075-393-1550

メールでのご相談

生前の手続き 遺言書作成・贈与 どんな場合に残したらいいの?

亡くなられた後の相続人の手続き 相続の基礎知識をご紹介!

トラブルになりがちな事例