現在の位置 : ホーム > 相続について

相続の基礎知識

ご存知のかたも多いでしょうが、相続の基礎知識として法定相続を説明します。

遺言が無い時は原則的に法定相続に拠ることになります。
亡くなった人のことを被相続人といいます。
親や祖父母など自分より前の世代に属する者を尊属といいます。

法定相続について(民法第900条)

第1順位 子供1人 配偶者あり

配偶者2分の1 子供2分の1
被相続人の尊属が健在でも、尊属には相続されません。

第2順位 子供がいない 配偶者あり

被相続人の直系尊属1人が健在

配偶者3分の2 被相続人の直系尊属3分の1
被相続人の兄弟が健在でも、兄弟には相続されません。

第3順位 子供がいない 配偶者あり

被相続人の直系尊属は死亡 被相続人の兄弟が1人いる

配偶者4分の3 兄弟4分の1

子供・直系尊属・兄弟姉妹が数人いるときは頭数の割合で相続します。
ただし、

  • 嫡出でない子供の相続分は嫡出である子の2分の1
  • 父母の一方のみが同じ兄弟姉妹(半血兄弟)は父母の双方が同じ兄弟姉妹(全血兄弟)の相続分の2分の1

となります。

代襲相続分について

子供が被相続人より先に死亡していた場合などに、子供の「子」(被相続人の孫)がいるときは、子供に代わって「子」が相続人となります。

この「子」のことを代襲相続人といいます。

代襲相続人は被相続人の直系卑属でなければなりません。(養子縁組前に出生した養子の「子」はあてはまりません)

胎児・養子

父親が亡くなり母親の胎内に胎児がいる場合、胎児にも相続権があります。

養子は、法的には嫡出子となります。(実子と相続分は同じ)

京都・滋賀・大阪の相続・遺言のご相談はこちら

お電話でのご相談 075-393-1550

メールでのご相談

生前の手続き 遺言書作成・贈与 どんな場合に残したらいいの?

亡くなられた後の相続人の手続き 相続の基礎知識をご紹介!

トラブルになりがちな事例